表参道で目立たず痛みの少ない歯列矯正

表参道の審美歯科では、特に成人の患者さんで矯正治療中に他人から目立つ装置を着けたくないという方も安心な目立たない治療をしています。

表参道の審美歯科で行う目立ちにくい矯正治療のひとつに、マウスピースタイプの器具を使った方法があります。

この方法では、患者さんの歯型をデンタルCTで3D立体画像で撮影したデータをベースに歯科医師がマウスピース型の装置を設計します。マウスピースは樹脂でできていて透明なので、歯に付けた時に他人からほとんど見えないのが特徴です。

マウスピースタイプの装置は、治療の進行に応じて何個か付け替えていきます。

ひとつのマウスピースで動かす歯の移動距離に上限が設定されているので歯に強い力が掛かり過ぎず、他の治療方法と比較すると痛みが少ないのもマウスピース矯正の特徴のひとつです。また従来の治療の主流であったプラケットを歯の表面においてワイヤーを掛けて歯を動かす方法では、力が点状にかかるので摩擦による痛みが出ることがあります。

その点、表参道の審美歯科で扱うマウスピース治療では歯の広い面に力が掛かるので痛みが少ないということもあります。

さらに金属の装置ですと、頬の内側などに器具があたって傷ができたり、その部分から炎症が起きて口内炎ができやすい方がいます。マウスピースはソフトな樹脂製なので、矯正治療中の口の中の傷や口内炎のリスクも低くなります。

表参道の歯科では、治療前に時間をかけたカウンセリングを行う説明と納得重視のインフォームドコンセントを基本にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です