SEO対策の基本的な方法としてはキーワードをタイトルに入れることです。

タイトルにキーワードが入っていないと検索エンジンは何を載せているサイトなのかを判断できなくなります。キーワードはタイトルの最初に入れておくと検索エンジンに認識してもらいやすいです。他にあるのは文字数を増やすことです。検索エンジンは情報量を文字数からも判断しています。文字数が多いサイトは情報がたくさん載っていると判断して、有益なサイトと認識する可能性が高くなります。

特に文章にキーワードを組み込みながら文字数を増やすとSEO対策としては有効な場合が多いです。また、ページ数を増やすこともSEO対策になります。サイトは1ページだけでも作ることができます。しかし、ページ数が少ないと情報量が少ないと判断されて検索エンジンの評価が低くなる確率は高いです。情報量を多く見せるという意味でもページ数を増やすことは有効な方法です。

さらに外部サイトからリンクを貼ることもSEO対策になります。一般的にリンクを貼るのは情報が載っているからです。検索エンジンも同じようにリンクがたくさん貼ってあるサイトを役立つサイトと認識します。もう一つ基本的な方法としてあるのがサイトにリンク切れなどや誤字脱字がないようにすることです。サイトにリンク切れなどがあると検索エンジンは評価を下げます。検索エンジンは間違っている部分を見つけるとサイトを低く評価する特性があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *