SEOは検索エンジン最適化という意味があり、インターネットで検索した際により多くのサイト閲覧を獲得するためのアクションを総称してSEO対策と呼んでいます。

SEO対策というと、検索順位で上位に上ることを目的とするものと考える人もいますが、大切なのはそこからどう顧客とつながっていくかが重要です。そこでその第一歩として、検索して上位表示される必要があるわけです。ただし、あくまでもそれは新しい顧客と効率よく出会うための入り口であり、そこから入ってくれたユーザーが欲しがっている情報を分かりやすく整理し、使いやすいと感じさせることで囲い込むことが可能になります。

つまりSEO対策によって安定した上位をキープしサイトの質も向上させることで、集客ツールとして大変費用対効果が高いものとなり集客資産として蓄えられます。また、SEO対策の目的には「事業の加速と収益拡大」があります。単純にサイトの訪問者数を増やして閲覧の拡大をしても、ユーザーが個人法人かに関係なく、現在運営している事業の成長や収益向上に影響しないものならば、対策は無意味になってしまうと言えるでしょう。

ですので、今後どういう方向に対象の事業を成長させていきたいか、利益向上につなげていけるような「紐付けのキーワード」を選定し、攻めの姿勢で対策を行なっていくことが求められます。つまり、ネット社会が醸成しつつある現在、対策の仕方も「コンテンツの質」を重視して取り組まなければいけない時代となっていると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *