ロングテールキーワードとは、1つの単語ではなく3~4個程度の複数の単語を組み合わせたキーワードのことを指します。

例えば、「海外旅行」という1つの単語は検索ボリュームが大きいためビッグキーワードと呼ばれていますが、これに対して「海外旅行+ハワイ+格安+時期」といったような複合キーワードがロングテールキーワードとなります。ビッグキーワード狙ってSEO対策した場合、検索上位に表示されればサイトへのアクセス数は飛躍的に増加しますが、ライバルとなるサイトも膨大となるため、検索上位に表示されるのは容易ではありません。

一方、ロングテールキーワードの場合は検索ボリュームは少ないものの、ライバルは少なくなるため、検索結果の上位化を狙いやすくなるというメリットがあります。また、ユーザーニーズを満たしたコンテンツを作りやすいことも、ロングテールキーワードを狙ってSEO対策するメリットのひとつです。例えば、「海外旅行」というビッグキーワードよりも、「海外旅行+ハワイ+格安+時期」というロングテールキーワードのほうがユーザーが求める情報が明確なので、それに合わせたコンテンツを制作することが容易となります。

さらに、ロングテールキーワードを狙ってSEO対策をすると、サイト内に専門性の高いコンテンツが増えていくことになります。各コンテンツがユーザーに有益であると検索エンジンから評価されれば、ビッグキーワードでも検索上位に表示される可能性は高まるでしょう。ただし、サイト内にコンテンツが増えていくと、知らず知らずのうちに類似した内容を記載してしまう恐れが高まりますが、類似した内容のコンテンツが数多くあるサイトは検索エンジンから評価されることはないため注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *