SEO対策では、ページの文字数はなるべく多い方がよいとされています。

検索結果で上位表示されるページは、1000以上の文字数で書かれたものがほとんどですし、文章を追加してみると検索順位が上がったということもよくあります。ただしこれは、単に文字数を増やせば増やすほど有利になるという意味ではありません。文字数だけにこだわり、無駄な言葉や無意味な単語の羅列を書き連ねたり、あまりに長ったらしく不自然な読みにくい文章になってしまっていると、SEO対策になるどころか検索エンジンからは質の悪いサイトだと判断されてしまい、かえって検索順位が下がってしまう結果となります。

SEO対策で最も重要なのはあくまで「コンテンツの質」であり、内容が伴った質の高いページほど文字数が多くなりやすい、というだけのことなのです。ただ、ページの文字数を増やすことは、間接的にはSEO対策になるとも言えます。内容を充実させつつ文字数を増やしていくと、ページ内で使われる単語の種類も自然と増えていき、その結果、ページに多くの種類の「共起語」が含まれる可能性が大きくなります。

共起語とは、そのページのメインとなるキーワードから連想される言葉のことで、タイトルや記事の見出しも含めて、この共起語が多く含まれていればいるほど、検索結果に表示される確率が高くなっていくというわけです。逆に言うと、メインのキーワードの共起語を意識しながら記事を書いていくことは、有効なSEO対策になると言うことがでるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *