ネガティブSEOとは、検索エンジンによる自分のサイトの評価を上げるのではなく、ライバルサイトの評価を落として検索順位を下げ、結果として自分のサイトを上位表示させようとするSEO対策のことを言います。

もちろん悪質な行為であり、場合によっては法に触れる可能性もあります。SEO対策の一つに、被リンク(外部サイトからのリンク)を増やしてサイトの評価を高め、検索順位を上げるというものがあり、これは外部SEO対策と呼ばれます。しかし、他のサイトのコピペや無意味な文章の羅列で構成された、検索エンジンからスパム判定させるような低品質なサイトからの被リンクはスパム行為と見なされ検索順位を下げる結果となることがあります。

この仕組みを悪用してライバルサイトの検索順位を落とそうとする行為が、ネガティブSEOの最もポピュラーな手口です。この他に、虚偽のDCMA申請(著作権侵害の申し立て)を行い、検索結果から抹消しようとする手口などもあります。なお、自分で複数のサイトを作りそれらの検索順位を上げることでライバルサイトを検索上位から追い落とすことは「逆SEO」と呼ばれ、ネガティブSEOとは区別されています。

ネガティブSEOによる攻撃の対策としては、専用のツールなどを使い、サイトに貼られている被リンクを調べ、悪質なサイトからのリンクを否認する方法などがあります。しかし、サイトの運営期間が長くなると、様々なサイトからの被リンクが集まるようになり、その中には比較的クオリティの低いサイトも含まれるのが普通なので、過剰に警戒する必要はないでしょう。また、普段からSEO対策をしっかり行い、自然と多くの被リンクが集まるようなサイトにすれば、結果としてネガティブSEOの影響を受けにくくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *