SEO対策上で検索エンジンがサイトを評価する場合には、サイトの情報を読み取ってからデータを整理していくことになります。

ここで重要になるのが、検索エンジンはコンテンツの内容そのものを見ているわけではないという点です。検索エンジンは、巡回ロボットであるクローラーによってサイトの情報を収集していきます。クローラーは人間の言葉がわかるようにはできていないので、あくまでもソース上の情報を読み取ってそこから分析していくことになります。ソースを読み取ることになりますので、ここで書かれている情報が整理されていないとクローラーはどういった部分を評価していいのかがわからなくなってしまいます。

ですから、クローラーがきちんと評価を行ってくれるように情報を整理しておかなくてはいけません。この時にSEO対策として便利なのが、パンくずリストと呼ばれるものです。パンくずリストは、サイト内で階層を作っていくことによってどういったページに情報が存在するのかということを伝えることができます。一般的に、ブログやホームページを作るとカテゴリーごとに情報を整理することになります。

確かに、こういった情報の整理だけでも見やすい仕様にすることはできます。しかし、検索エンジンが情報分析するにはそれでも足りません。より詳細に階層を作って、重要なコンテンツがどういった部分に存在するのかを伝える必要があります。パンくずリストは、それを行うために最も効率的な手段であるため、これがあるだけでもSEO対策としても効率的に評価してもらえるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *