SEO対策は、基本的にGoogleに対して行います。

その理由は、Googleが世界最大の検索エンジンを持っているためで、これ以外の検索エンジンの利用者数は少ないからです。日本ではYahooの利用もされていますが、実際の利用者はとても少なく、検索結果の上位表示に関係しているアルゴリズムもGoogleのものを使用しています。そのため、Googleに対してSEO対策を行うことで他の検索エンジンの対策を一緒にすることが可能です。SEO対策を行う場合は、Googleに対して行っていくので、Googleのガイドラインに従った方法で対策をしていく必要があります。このガイドラインに従ったSEO対策を行わない場合は、まず上位に表示されることがありません。

Googleのガイドラインに記載されていることは、ユーザーにとって利用価値のある関連性の高い情報を提供することであると記載されています。つまり、ユーザーのことを第一に考えたものを提供していく必要があるということです。このGoogleの示してるガイドラインにはいくつかあり、検索品質評価ガイドラインやウェブマスター向けガイドライン、検索エンジン最適化スターターガイドなどがあります。これらのマニュアルに一度目を通すことで、どのようなサイトを求めているのか把握することができます。SEO対策を実践する上では、必ずやっておきたいことの一つでもあるので、目を通すことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *